L・マイトナーさんの歩みに影響した人物(9) マックス・フォン・ラウエさん

前回からの続き。

28才のマイトナーさんは科学者としてのキャリアを切り拓くため、1907年に、拠点をウィーンからベルリンに移し、マックス・プランク先生に弟子入りする。
以来、1914-18年の第一次世界大戦を挟み、1933年にナチスから逃れるため、ベルリンを脱出するまでマイトナーさんはベルリンで研究生活を過ごす。

ラウエさんのご専門は?
物理学。1914年に、結晶によるX線回折現象の発見の功績でノーベル物理学賞を受賞。

どんな関係?
二人ともマックス・プランク先生の弟子であり、助手。年齢はラウエさんが1つ年下。ベルリン時代、ナチスから逃れてスウェーデンに移った後も情報交換を続けた。

どんな人生?
ナチスに振り回された。ナチスに異論を唱え主張を曲げないために損をすることも多々あった。WWIIの後、マイトナーさんと科学者の責任論で意見が食い違うこともあった。しかし、それで反目しあうこともなかった。敗戦国ドイツの学問の復興に力を注いだ外柔内剛の人。

マックス・テオドール・フェリックス・フォン・ラウエ Max Theodor Felix von Laue 1879- 1960 物理学者。
1879年、ドイツのコプレンツ生まれ。
教育
1898年(19才)高校卒業後、1年間、兵役につく。
1899年(20才)ストラスブルグ大学に入学。数学、物理、化学を学ぶ。ドイツでは他の大学の授業を受けられるので、ゴッチンゲン大学で数学のD・ヒルベルト先生、物理学のヴォルデマール・フォークト先生やマックス・アブラハム先生の影響を受ける。ミュンヘンのルードヴィヒ・マクシミリアン大学 (LMU)では1学期を過ごす。
1902年(23才)ベルリン大学で量子論に革命を起こしたM・プランク先生に師事
1903年(24才)ベルリン大学で博士号。
1903年(24才)ゴッチンゲン大学に所属。05年まで。
1906年(27才)LMUのアルノルト・ゾンマーフェルト先生の下で大学教員資格を取得。
活動
1906年(27才)ベルリン大学で私講師。プランク先生の助手になる(09年まで)。アインシュタインさんと出会って友達になる。
1907年(28才)マイトナーさんがベルリンに来てプランク先生に弟子入りし、友人になる
1909年(30才)LMUの理論物理学研究所でゾンマーフェルト先生の助手(12年まで)。
1911年(32才)X線を結晶に当てて回折写真をとる方法を開発、X線が電磁波だと示した。
1911年(32才)カイザー・ヴィルヘルム学術振興協会(後のマックス・プランク学術振興協会)が創設。
1912年(33才)ゾンマーフェルト先生が物理学会でラウエさんらによるX線回折現象の発見を報告。
1912年(33才)チューリッヒ大学の教授(物理学)。
1913年(34才)父が貴族になったのを機にマックス・フォン・ラウエと名乗る。
1914年(35才)ノーベル物理学賞を受賞。受賞理由は結晶によるX線回折現象の発見。
1914年(35才)カイザー・ヴィルヘルム物理学研究所 (KWIP) がベルリン郊外に創設、アインシュタインさんが所長。
1914年(35才)WWI
1914年(35才)フランクフルト大学の教授(理論物理学)。19年まで。
1916年(37才)ヴュルツブルク大学で軍用の真空管開発に携わる。
1917年(38才)KWIPの理事。22年まで。
1918年(39才)WWI終戦
1919年(40才)ベルリン大学の教授(理論物理学)。43年まで。同僚にハーバーさん、ジェイムス・フランクさんがいた。
1922年(43才)KWIPの副所長。マイトナーさんがベルリン大学の教授マイトナーさんはラウエさん主催の水曜コロキウムに最初から参加
1933年(54才)アインシュタインさんの亡命により、KWIPの所長職の代行や所長を務める。
ナチスと国家社会主義に反対の立場。ユダヤ人のドイツ脱出を援助。
1934年(55才)ナチスの禁止命令に関わらずハーバーさんの追悼式典へ出席。
1938年(59才)マイトナーさんがドイツを脱出
1939年(60才)WWII
1940年(61才)ナチスがデンマークに侵攻。ラウエさんとJ・フランクのノーベル賞の金メダルを預かっていたボーア研究所のヘヴェシーさんがナチスに盗まれないよう王水に溶かし研究室に隠す。
1945年(66才)WWII終戦
1946年(67才)KWIPの所長に復帰。KWIPがマックス・プランク物理学研究所に改称。ゲッティンゲン大学の準教授。
1946年(67才)ヘヴェシーさんがボーア研究所に戻り王水から金を抽出、ノーベル財団が金メダルを作り直して再贈呈。
1951年(72才)マックス・プランク物理化学研究所の所長。フリッツ・ハーバー研究所に改称。
1960年(81才)交通事故の後遺症のため死去。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A8
https://en.wikipedia.org/wiki/Max_von_Laue