子供時代の学び方 ヘンリー・モーズリー 経験に学び工作の礎と向き合う

ヘンリー・モーズリー Henry Maudslay 1771–1831 イギリスの工作機械の改革者。機械工作技術の父。産業革命の技術基盤を作った人。▼学校や読み書きをどこで習ったか不明。12才から18才の間に王立造兵廠Royal Arsenalで働きながら身に着けた技術がその後の基盤になっている。
▼1780年(9才)王立造兵廠で武器職人(1776年に引退)をしていた父が死去。
1783年(12才)王立造兵廠で薬莢に火薬を詰める少年工powder monkeyの一人として仕事に就く。
1785年(14才)2年後、大工の工房に異動。
1786年(15才)鍛冶blacksmithに戻り、修業を開始。軽くて複雑なものを作る才能が目立った。王立造兵廠だけでなく王立鋳造所でも働いた。
▼1789年(18才)複雑な鍵を安く製造できる職人として、ジョセフ・ブラマーさんの工房に引き抜かれる。
プラマーさんの下で、ピッキングに強いプラマー錠を完成させた後、水圧機のシーリング、旋盤加工の精度を上げる治具などの開発で貢献、工房の主任になる。
▼1797年(26才)貢献しても給料が上がらないためプラマー工房から独立し、Henry Maudslay and Companyを設立。最初の仕事は海軍の帆船で使用する帆の滑車製造機械。
この機械を使いライン生産を行った結果、110人かかっていた仕事が10人でできるようになった。
1800年(29才)産業用として初のねじ切り旋盤を開発。
1815年(44才)船舶用エンジンの製造。
1825年(54才)テムズトンネル用の掘削装置、排水ポンプを製造。
没後の1833年、息子らがMaudslay, Sons and Fieldを設立。

http://wikipedia.nd.ax/wiki/Henry_Maudslay
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85)
History of Lathes | The Henry Ford’s Innovation Nation