子供時代の学び方 グラハム・ベル 自分でやるタイプ

発明王トーマス・エジソン(電球の発明)がアメリカで生まれたのは1847年。同じ年にグラハム・ベル(電話の発明)がイングランドで生まれている。▼この年の日本は江戸時代。ペリーが来て開国を要求したりする時期。教育は藩校、塾、寺子屋で盛んに行われていた。▼さて、ベルさんはどんな勉強していたたのだろうか。もともとが好奇心旺盛な子だった。教育熱心な家庭に育ち、母や父親から学んでいる。学校には通ったものの休みが多く、科学(生物が好きだった)以外に関心がなかった。お父さんはがっかりしたらしい。▼お母さんが聴覚障害になったので、ベルさんは力になろうと会話を助けたり聴覚の研究に集中する。結果、電話の発明につながった。

出所:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB

https://en.wikipedia.org/wiki/Alexander_Graham_Bell