リーゼ・マイトナーさんの甥、オットー・フリッシュさんの自伝に出てくる科学者(75)プログラム内蔵方式コンピュータをイギリスで最初に完成させた:M・ウィルクスさん

▼フリッシュさんは汽車の中で偶然フォン・ノイマンさんに会った時、ウィルクスさんのEDSACのことを話す。するとノイマンさんから「いいかい、オットー、そのトリックは誰だって知っているよ。でも、確かに、EDSACはひとつ優れた点がある。あれは本当に動くんだ」と言われる(p.261)。
▼ウィルクスさんは渡米してENIACを実際に見て学び、イギリスに帰ってプログラム内蔵方式のコンピュータを組み立た実績でチューリング賞を受賞したコンピュータ科学者。
▼ウィルクスさんはもともと数学者・物理学者で大学の微分解析機に夢中なっていた計算機オタク。そんな人だからノイマンさんのプログラム内蔵方式コンピュータに関するレポートを一晩で読んで、これだ!と確信した。
▼フリッシュさんも計算機が大好き人間。「ウィルクスから、いくつかの真空管をグループにして数字や命令の貯蔵庫に使うという、新しいトリックを教わり、ぞくぞくするものを感じ」るタイプだから、ノイマンさんの顔を見たとき、その話をしたくなったのも無理はない。ノイマンさんとの話で、「ケンブリッジで私たちのやっていることはそれほど間違っていないと。創造主から直接聞くことができ、元気も出た」(p.261)

モーリス・ウィルクス Maurice Wilkes 1913-2010
1913年、イングランドのウスターシャー ダドリー生まれ。父はダドリー卿の資産管理人。
教育
1914年(1才)WWI
1918年(5才)WWI終戦
キングエドワード6世グラマースクールで学ぶ。高校時代、アマチュア無線に親しむ。
1931年(18才)ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジで数学を学ぶ(1934年まで)。
1934年(21才)ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジでBA(数学)。
1935年(22才)キャヴェンディッシュ研究所で超長波の研究学生。
1936年(23才)ケンブリッジ大学でMA(数学)。マンチェスター大学でDouglas Hartreeさんが行った計算機の講義に参加。MITのヴァネバー・ブッシュさんが発明した微分解析機“differential analyzer”を知る。
1937年(24才)ケンブリッジ大学でPhD(物理学)。電離層での長波の伝播研究。Lennard-Jonesが立ち上げた新設の計算機研究所で副所長。
活動
1939年(26才)WWII。軍でレーダー開発とORに協力。戦後コンピュータ開発で役立つ人脈を形成。
1945年(32才)WWII終戦。ケンブリッジ大学に戻り数学研究所で副所長と所長(1980年まで)。ノイマンさん著「EDVACに関する報告書の第一草稿」を入手。
1946年(33才)ペンシルベニア大学ムーアスクールで開催されたコンピュータのレクチャーに参加。アメリカのコンピュータ情報を収集。帰国の船中でEDSAC:Electronic Delay Storage Automatic Calculatorの構想を練る。
1947年(34才)数学研究所の自前の資金でEDSAC開発開始。
1949年(36才)EDSAC稼働開始。主記憶装置に水銀遅延線を使用。
1950年(37才)ケンブリッジ大学でフェロー(2010年まで)。
1951年(38才)「Preparation of Programs for Electronic Digital Computers」発刊。
1956年(43才)王立協会フェロー。
1957年(44才)英国コンピュータ協会を創設。初代会長(1960年まで)。
1965年(52才)ケンブリッジ大学で教授(コンピュータ技術、1960年まで)。
1967年(54才)第2回チューリング賞を受賞(EDSACの設計者および開発者として)。
1980年(67才)ケンブリッジ大学の教授と研究所所長を引退。渡米しDECで技術スタッフ。
1986年(73才)イギリスに戻る。Olivetti-AT&T研究所で理事。
2000年(87才)ナイトに叙される。
2002年(89才)ケンブリッジ大学コンピュータ研究所で名誉教授。
2010年(97才)ケンブリッジで死去。

▼師匠・弟子・関係筋
師匠
□ John Ashworth Ratcliffe 1902–1987 無線工学者。
弟子
□ Michael Kay
□ Peter Wegner
□ David Wheeler
関係筋
■ ヴァニーヴァー・ブッシュ Vannevar Bush 1890-1974
■ ジョン・フォン・ノイマン John von Neumann 1903-1957
■ ジョン・モークリー John Mauchly 1907-1980 ENIACの設計・製造。
■ ハーマン・ゴールドスタイン Herman Goldstine 1913-2004 数学者。

※オットー・フリッシュ著 松田文夫訳 「何と少ししか覚えていないことだろう-原子と戦争の時代を生きて-」 吉岡書店、2003年。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9
https://amturing.acm.org/award_winners/wilkes_1001395.cfm
https://en.wikipedia.org/wiki/Maurice_Wilkes