リーゼ・マイトナーさんの甥、オットー・フリッシュさんの自伝に出てくる科学者(13) 光の波動性を唱えた:C・ホイヘンスさん

▼フリッシュさんの自伝でホイヘンスさんが突然現れるのは、ボーアさんの偉大さについて5年間一緒に働いた者として述べるくだりで、ニュートンさんの行動と比較としてのこと。
▼ボーアさんは自説を守るために新しい発見を排除するタイプではない。「ニュートンは偉大な威光によってホイヘンスの光の波動説に与しなかった、抑圧したと非難されるかも知れない。将来同じような非難がボーアに浴びせられるだろうか。私はそれを疑問に思う」(p.26)と記している。
▼ホイヘンスさんが光の波動説を提唱したのは、1690年、61才の時である。この年、ニュートンさんは48才。
▼ホイヘンスさんは自分で望遠鏡を作り、天体を観察していた数学者である。光が波かも知れないと考えたのも道理って感じがする。
▼ガリレオさんの望遠鏡は土星がクリアに観察できず、耳がついてるように見えた。ホイヘンスさんご自慢の望遠鏡では輪っかだと確認できた。ワクワクしたことだろう。

クリスティアーン・ホイヘンス Christiaan Huygens 1629-1695
1629年、オランダの ハーグ生まれ。父は外交官かつ詩人で音楽家。
教育
子供時代は小型のミル(砕く機械)や機械で遊ぶのが好き。家庭で教育。習ったのは:地理、数学、論理、修辞学、舞踊、フェンシング、乗馬。
1644年(15才)数学の先生から読むべき論文リストを渡され勉強(それだけ優秀だったため)。デカルトさん(1596-1650)からは幾何の能力の高さに驚かれる。
1645年(16才)父の方針で数学と法律を学ぶためにライデン大学入学。
1647年(18才)ブレダにあるオレンジカレッジに転学。
1649年(20才)オレンジカレッジを修了。
活動
1655年(26才)自作の50倍望遠鏡で土星の衛星タイタンを発見。改善した望遠鏡で土星の環を観測。
1656年(27才)さらに改善した望遠鏡で土星の環の形状を観察。オリオン大星雲を発見。振り子時計を製作
1658年(29才)『時計』発刊。
1659年(30才)等時曲線問題を解決。
1663年(34才)王立協会の外国人会員。
1666年(37才)パリに移住(1681年まで)。外国人として初めてアカデミー・ロワイヤル・デ・シアンスの会員。
1673年(44才)『振り子時計』発刊。
1675年(46才)世界初の実用的な機械式時計を製作。空気望遠鏡について解説した『収差補正望遠鏡』を発刊。世界初のレシプロエンジンを発明。
1685年(56才)パリからハーグに戻る(ナントの勅令が廃止されたため)。
1690年(61才)光の波動説を提唱する『光についての論考』を発刊。
1695年(66才)ハーグで死去。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%B9
https://en.wikipedia.org/wiki/Christiaan_Huygens

※オットー・フリッシュ著 松田文夫訳「何と少ししか覚えていないことだろう-原子と戦争の時代を生きて-」吉岡書店、2003年。